フリーランスになると決める前に、事前リサーチをしてみよう

多様な働き方が推奨されている時代、フリーランスとして仕事を得るにはニーズのあるスキルを身につける必要があります。ニーズ、需要のあるスキルをリサーチして、習う、腕を磨くという風に順に技術を習得していき、供給できる立場に立つということが重要です。

まずはリサーチから
需要がないものは売れませんから、どのような需要があるのか、仕事があるのか、ということを調べると良いでしょう。技術習得までの費用、期間、を調べる、自分が身につけることが可能かどうか難易度、向き不向きを査定していく…という風にしていきます。仕事をこなすに当たっての必要な機械、道具類もリサーチしましょう。
まずは、リサーチが重要です。

フリーランスはいくら稼ぐことができるかを見積もることも重要
フリーランスという立場上、最終的にはサラリーマンよりも収入が多い方が理想的です。まず、取り組む業務ではいくらの収入が得られるのだろうか、と事前に見積もること、生活に必要な収入と検討することが必要になってきます。

結局、フリーランスで仕事を得るにはまずは、その仕事に適しているのか、仕事のコストはどれくらいか、最後にどのくらいの収入を稼ぐことができるのか、という点を想定しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました