フリーランスエンジニアとしてやっていくのに必要な能力とは

高い技術力と豊富な知識を武器にフリーランスエンジニアとして独立しよう。
希望を胸にいだいて組織を飛び出す人は少なくありませんが独立後安定して仕事を続けられる人は決して多くないのが現実です。組織の中ではエース格のトップエンジニアであっても独立してやっていくのは簡単ではありません。なぜ確かな技術と豊富な知識を持つエンジニアなのに独立がうまくいかないのでしょうか。
フリーランスエンジニアとしてやっていくには技術と知識はもちろんのこと、独立した経営者としてやっていくためのスキルが不可欠です。会社にいた頃は目の前の作業に集中していればよかったのですがフリーランスエンジニアとして独立するからには仕事のすべてを自分で引き受ける必要があります。どんな案件でもこなせる高い能力があったとしてもそもそもの案件を取ってこれないようではフリーランスエンジニアとしてやっていけません。
エンジニアとして仕事をこなす能力と仕事を取ってくる能力は全くの別物です。組織の一員としてはほとんど必要のなかった営業力やコミュニケーション力がなければ案件は獲得できずエンジニアとしての能力を発揮する機会すら与えられません。
エンジニアの多くは営業やコミュニケーションを不得手にしていますがフリーランスとしてやっていけるかどうかは苦手なそれらの能力にかかっています。自分自身を商品としてどう売り込むか、どのように顧客を獲得すればいいのかノウハウや実践的なテクニックこそがフリーランスエンジニアとしての安定につながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました