会社経営を再確認する

会社経営に際し、果たしてどのような重要な責務が存在するのか、それを優先順位に沿って挙げるとすれば、果たして皆様はどのような回答をお聞かせくださるのか、大変興味深いところです。中でも現在起業準備中の方々や、経営陣に名を連ねる予定をお持ちの方々にとっては、実績を有する企業の経営者各位の回答が見逃せずして当然でしょう。

経済社会に於ける会社とは、当然営利目的の集合体であり、従業員とその家族の生活を守るべき存在に他なりません。自社を維持しつつ利益を生み出し続ける事が出来なければ、倒産に追い込まれる、もしくは会社整理なる選択肢が視野に入るなど、自社維持の為の企業努力が常に求められる存在です。だからこそ各社は新製品開発からの販売、あるいは独自の営業活動の試行錯誤からの実践、自社ならではの魅力溢れる商品のユニークな販売スタイルへのチャレンジなど、各々の動きを続けているのです。

そうした利益追求からの安定経営に意識を向ける一方、会社経営上避けては通れぬ、各種法律が絡む事象や社内業務に関しては、旧来の慣習をただ踏襲し続けるだけの会社が少なくありません。こうした経営姿勢は万一に際して非常に脆弱と言わざるを得ず、やはり日頃から然るべき専門家のサポートを仰げる態勢の構築が望まれます。ここでは健全な会社経営に不可欠な存在である顧問弁護士に着目し、経営者各位に踏まえておいていただきたいポイントをご紹介申し上げます。